書き出しワークで 思考を拡げることができましたか?

いよいよ 自動絞り込みのメソッドにはいっていきます

まずは 30枚のカードを用意してください

サイズは 単語帳くらいがちょうど良いですね

カード1枚につき 1つの要素を書いていきます

たくさん書き出したものを 30枚のカードに まずは絞るわけですね

〜な人
〜が好きな人
〜をする人

“人”にフォーカスして 書いてみてください

 

やり方は非常にシンプルです

野球などのトーナメント戦をイメージしていただけたらいいのですが すべてを総当たりの勝ち抜き戦する感じです

10枚を1セットと考え 8枚のカードを縦にならべて 上から順に A or B で究極の選択をしていきます

これにより 自動的に 8枚>4枚>2枚>1枚 と絞り込まれていきます

残った7枚に 次の候補として置いている2枚のうち 1枚を足して8枚とし また 同じことを繰り返します

文字だけではわかりにくと思いますので 動画でご確認ください

※やり方がわからない 理解しにくいなどのご質問 あるいは気づきや感想など いつでも大歓迎です

Author Profile

絞り込みの専門家 松井 創Twitter:@sanuki8
潜在意識を活用して、本当に自分が望むものは何かを
明確にする“絞り込みメソッド”によって

あなたの本当のたった1人のお客様
あなたが理想とする人生のパートナー
あなたが本当にやりたい仕事

といったものに巡り逢うことができます。

あなたが本当に生きたい人生を歩むための
“絞り込み”をお手伝いします!