習慣化のコツ

 

スポンサードサーチ

毎日の習慣にしていることはありますか?

毎日これをやる! と自分で決めて継続している行動、習慣は
ありますか?

習慣といえば、歯磨きとか、寝る前にトイレに行くといった生活
に関するものから筋トレや朝の散歩など健康に関するもの、そして
ビジネスで成果を出すためのものがありますね。

成果を出すための行動といえば、ブログを毎日書く、動画を毎日
Youtubeにアップする、TwitterやFacebookに毎日投稿する
といった情報発信に関するものであったり、必ず○○件はアポを
とるための電話をする、○○件メールを送るといった営業に関する
習慣づけもあるかもしれません。

毎日するのがいいとわかっていても、三日坊主になってしまうという
人は、意外と多いものです。

行動の継続、習慣化のコツについて なぜコミチャンネルで紹介
しましたので、ぜひごらんください。

なぜコミチャンネル ぜひぜひ登録していただけたらうれしいです。

なぜ毎日やると決めるのがいいのか?

根拠のある自信となる

自信とは、自分を信じると書きます。
毎日自分としている小さな約束を守り続けることが、自信の積み上げと
なっていきます。

いまいち、自分に自信が持てないという人は、まずは一つでもいいので
毎日やると決めて、その行動を守り続けることから始めてみてください。

まずは質より量が大事

もちろん正しい考え方とやり方であるのが前提条件となりますが、質を高く
しようと思って、行動量が出せていないというのはありがちなパターンです。

行動量をキープするにあたって、「毎日」と決めていることは役に立ちます。
最低でも、一ヶ月に30という数字をキープできるからです。

また「量質転化」という言葉があります。
林修先生の出演している「初耳学」で紹介されたので、聞いたことがあるぞ
と思われた方もいらっしゃるかもしれませんね。

質を高めるためには、一定量をこなしていく必要があるという意味です。

なぜなら、質を高めるということには、経験値を積んだり、スキルを身に着ける
ための絶対的な量が必要だからです。

よくプロとして一人前になるためには、その分野で1万時間を費やす必要が
ある、なんてことも言われますよね。

スポンサードサーチ

行動を習慣化するには3つのポイントがある

成果の出る行動を継続して、習慣にできればいい。
これは、成果を出したいと思う人なら、みんな望むことですね。

習慣とはどういうことでしょうか。
定義はいろいろあると思いますが、意識しなくても行動できるレベルであったり
やらないと「気持ち悪い」とか違和感を感じるレベルに、その行動がなっている
ということです。

例えば、歯磨きを誰にも教わらず、指摘もされないのに勝手にやりだす子どもって
いるでしょうか。

お父さんやお母さんから、歯磨きの仕方を教わり、毎日のように、「寝る前には
歯磨きをしなさいね」と促されて、積み重ねていくうちに、「やらないと、なん
だか気持ち悪い」というレベルになりますね。

良い習慣と同じく、悪い習慣というものもあります。

昔、会社勤めをしていたとき、ヤクルトレディが毎日来ていました。
一度、コーヒーとパンを買うと、毎日のようにデスクに来て「いかがですか?」と
オススメしてくれます。(客をみつけた! って感じですよねww)

数回、買っているうちに、毎朝の習慣となってしまい、パンとコーヒーのセットを
買うのが当たり前、来ないと「あれ? 今日はこないんだ?」と違和感を感じるまで
になっていました。

通勤途中に、コンビニに立ち寄ってコーヒーを買う、なんてことが習慣化している人も
けっこういるのではないでしょうか。

悪い習慣は、勝手に身につくものですが、良い習慣というのは意識的にスタートしなけれ
ば、なかなかできません。

そんな中でも、習慣化のコツというものがありますので、3つのポイントをご紹介します。

 

ついでにできること

人は、まったく新しい行動を取り入れることには拒絶反応を示すものです。
変わらなきゃという想いとともに、変わりたくないと無意識に望んでいるからです。

人は脳の構造や本能的なところから、「慣れ親しんだ環境や現状維持を好む」傾向に
あると言われています。それは、現状が嫌で、状況をなんとか打破したいと思っていた
としても、慣れてしまうと、その環境から変化するのを避けて、現状維持しようと、
あれこれ言い訳することで現れてきます。

そこで、すでに習慣化していることのついでに、ちょっとプラスできる行動として
取り入れるように工夫するわけです。

  • 毎朝、犬の散歩をしているので英語の音声教材を聞くようにした。
  • 通勤のときに、一駅手前で降りて、会社まで歩くようにした。
  • 朝の散歩のときに、LIVE配信をするようにした。(あさんぽ部LIVE配信です)

習慣になっていること+新しい行動 であれば、わりと導入しやすいと感じるのでは
ないでしょうか。

 

スポンサードサーチ

人を巻き込む

自分ひとりでは、三日坊主になってしまうとか、やったりやらなかったりになって
しまうという場合、誰かと約束して一緒にするというのが仕組みになります。

あるいは、同じ目標、目的を持っているグループを作って、みんなで励ましあい、
声をかけあいながら習慣化することができます。

ちなみに、毎朝開催している あさんぽ部LIVE配信は、「あさんぽ部」という部活
のようなグループにすることで、ともに早起きして配信にコメントをもらったりする
環境を作り、毎日継続することができています。

 

第三者に活動を見える化する仕組み

これには、まずみんなに対して、これこれのことを毎日やる!と宣言することが
大事です。

宣言して、毎日できているのかどうか、本人しかわからないのでは、どうとでも
なりますよね。

やっているのか、今日はできていないのかが、第三者にすぐばれるような仕組みを
作ることで、見られている意識を常に保って、継続することができます。

どう思われたっていいや! と 開き直ってしまうとこの部分は効果が出ませんので
お気をつけください。

宣言+第三者に見える化 をして行動していると、その継続力についてほめられたり、
すごいですねと評価されるようになりますので、それがまた継続のエネルギーになる
こともあります。

 

スポンサードサーチ

まとめ

毎日やる! と決めて、行動を継続して習慣化することのメリットについてお伝えして
きました。

最後に、マザーテレサの名言を贈りたいと思います。

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

 

行動から習慣 習慣がいつしか運命となるという流れですね。
人生を決めるのは、何を習慣にするかでもあります。

習慣化のコツを活用して、すばらしい人生にしてくださいね。

 

Author Profile

コミュニティ構築のパートナー 松井 創Twitter:@sanuki8
ドリームシップ・カンパニーの松井創です女性個人事業主向けに、コミュニティ構築のパートナーとしてサポートをしています。
コミュニティを作るには、ターゲットや目標を明確にすることでファンを作り、共感を得ることが大切ですが、そのための具体的な方法を体系的に学び、実践していく「なぜコミアカデミー」を主宰しています。


あさんぽ部で話して欲しいテーマの要望
質問やご感想はこちらから

▼  ▼  ▼

 

友だち追加


 



ファン作り営業&コミュニティ構築

のヒントをお届け

なぜコミチャンネル」 

登録よろしくお願いします

   ▼  ▼  ▼

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE