ブログPVアップ

スポンサードサーチ

ブログのPVアップしたいは、みんなの願い

個人的な日記をこっそり書き連ねているというなら別ですが、ブログとして情報発信しているからには、できるだけ多くの方に見てもらいたいと思うのが人情ですよね。

ブログを書き始めてみて、いかがでしたか?

思った以上に、見られていない、読まれていないんだな。ということに気づいたのではないでしょうか。

 

どうすればブログのPVは上がるのだろうか

簡単にアクセスアップしたいという相談は、たくさんいただくわけですが、まず言えるのは、「良い記事」をたくさん書こうの一言に尽きるということです。

単なる自己満足な日記を掲載していても、ブログに訪問したり、リピートして読んでくれる読者さんは増えませんよってことですね。

良い記事とはなんだ?

検索してたどり着いた人は、何らかの「問題」「悩み」「疑問」があり、その答えを求めているわけです。その悩みに答える情報があるかどうかが、「良い記事」であるかどうかを左右します。

  • 「こうなりたい」「こうしたい」に対し、「どうすればいい」が書いてある
  • 「こうなりたくない」「この痛みをどうかしてほしい」に対し、「どうすればいい」が書いてある
  • 「どれを選べばいいの」に対して、比較を一覧にしてまとめて見せて、選べるようにしてくれる
  • 「○○について知りたい」に対して、「○○は□□なんだよ」と教えてくれる

いわゆる、ネットの情報を1ヵ所に集めている「まとめサイト」と呼ばれるものが人気が高いのもわかりますね。

自分で検索して、本当に欲しい情報までたどり着く手間と時間も、なるべく短縮したいわけなんです、みんな。

相互登録という作戦

正論はわかったけど、他にPVを増やす方法はないのか?

そう聞きたくなる気持ちも、確かにわかります。

試してみていただきたいのは、いわゆる相互登録という体制です。

チームを作る

わたしは、あなたのブログを毎日見るようにするから、あなたもわたしのブログを毎日見るようにしてね。

といった、約束事のもとになりたった関係で、お互いにお互いのブログを閲覧することでPVを増やそうということです。

相互登録は後ろめたいことですか?

これは、なにか「ずるい」とか「卑怯な」ことなのでしょうか?

そうではありません。Amebaブログや無料ブログと呼ばれるサービスを使って情報発信している場合であれ、ワードプレスのような無人島からお店を開くような状態であれ、相互登録から始まるといわれるほど一般的なやり方です。

もちろん、相手の意図は、自分のブログを登録してもらうことですから、そこからのアクセスは見込めないかもしれませんし、わたしは、これだけ閲覧しているのに、みんなが見てくれない!!! という思いになることがあるかもしれません。

契約関係で成り立っているわけではなく、あくまで、それぞれの「やっておいたほうがメリットがあるかも」という認識のうえで成り立っている関係であることは忘れないようにしましょう。

 

スポンサードサーチ

相互登録先を大公開

わたくしが「仲間」として登録しているブログを公開します。

相互登録をしたいと思うときには   までご連絡をお願いします。

 

 

さなさんのブログ→ rain180526.com

マミさんのブログ→ degawatetsu.com

ソニックさんのブログ→ timeticket.jp/sonic5

ねるさんのブログ → dividend.jp

ねるさんのブログ → usa-kabu.com

ウメ子さんのブログ → umetaroublog.com

kazuoさんのブログ → kazuobook.com

ゴルデザさんのブログ → goldeza.com

松岡礼奈さんのブログ →  minefujiko-ryousanjuku.com

寿さんのブログ → kotobukisan.com

まおさんのブログ → https://smile0730makao.info/

激辛っていいね! →  (link: http://xn--n8ja5gm1bz712f9u1b.jp/) 激辛っていいね.jp

はっちーのブログ → http://dreamshipcompany.com

elmoumeさんのブログ → https://elmoume.com/

 

まずは 自分が相手のブログを登録するところから 始まるのです。

 

Author Profile

コミュニティ構築のパートナー 松井 創Twitter:@sanuki8
ドリームシップ・カンパニーの松井創です女性個人事業主向けに、コミュニティ構築のパートナーとしてサポートをしています。
コミュニティを作るには、ターゲットや目標を明確にすることでファンを作り、共感を得ることが大切ですが、そのための具体的な方法を体系的に学び、実践していく「なぜコミアカデミー」を主宰しています。


あさんぽ部で話して欲しいテーマの要望
質問やご感想はこちらから

▼  ▼  ▼

 

友だち追加


 



ファン作り営業&コミュニティ構築

のヒントをお届け

なぜコミチャンネル」 

登録よろしくお願いします

   ▼  ▼  ▼

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE