スポンサードサーチ

人は変化を恐れる生き物である

変化したいと望みを口にしながら
変化したくないと行動が語っている
それが 人 という生き物である

情報発信力を高めて習慣化するためのオンラインサロンを運営していますが、本当にその通りだと感じます。

習慣化のために必要なのは、新しい行動を起こすことと継続することです。

そのために、よく提案するのが、ライブ配信を定期的に行うことですが、さまざまな言い訳を羅列して行動しないということがよくあります。

 

自分も変化を恐れていることに気づいた

経営塾での出来事

そんなことを言っておきながら、意外ではありましたが、自分も安定を望むところがあったのだと痛感したエピソードがありました。

とある経営者たちが参加している塾に入っておりますが、1年間同じチームで取り組みをしていたわけです。

ところが、今年は半期でチームの組み換えをすることになりました。

 

もちろん、チーム編成替えの直前には、心機一転、どんなチームになるかワクワクという心境で臨んだわけですが・・・

 

直前に講師の言った一言で、事態が変わります。

「チームを変えない、という選択肢も加えます。」

 

おいおいおいおい

 

「ただし、新しい環境に身を置くほうが、学びと気づきは大きくなります。」

 

チーム替えの結果はいかに

ふたを開けてみると、なんと我がチームは、以前のチームメンバー4名のうち、3名が同じで、そこに新しい方を一人追加するという編成になっていました。

ふと周りを見渡すと、どのチームも似たり寄ったりな結果に(笑)

いかに、人が変化を望まないことを行動であらわすかが、よくわかりました。

その結果、各チーム再びバラバラにして、組みかえることになったわけですがね(笑)

 

自分にも安定を望む傾向がある、ということを自覚する良い機会となりました。

 

スポンサードサーチ

環境を変化させる3つの仕組みづくり

ほうっておくと、変化しないほうをついつい選んでしまうのが、人間というものなので、意識的に変化を起こす仕組みを作っておくことが大事なわけです。

よく人生を変えるためには、3つのことを変えるといいと言われています。

1 住む場所

そんな簡単に引越しできるわけがない!
と思いますか?

その時点で、すでに変化を好まないという特性による言い訳が出てきていますね。

場所を変えるというのは、何も必ず引越ししなければいけないわけではありません。

地方在住であれば、定期的に別のエリアで活動することができるように、活動拠点を作ったり、数日は必ず、そのエリアで動くなど、メインとして活動するエリアを変えてみるのはいいですね。

 

2 仕事を変える

これまた、無理ですっ!
という言い訳が聞こえてきそうですが・・・

何も、必ずしも転職しなければいけないわけではありません。

今は、複業時代です。

もし、企業に勤めるサラリーマンであっても、副業が認められていく傾向にありますね。

今ついている業務とは、ガラッと違うジャンルのものにチャレンジしてみると効果的ですね。

単にバイト料を稼げるだけではなく、学びや気づきが必ずあるはずです。そこに気づくなら、お金をもらいながら学べることになるので費用対効果の観点から見てもばっちりですね。

 

3 つきあう人を変える

いつも交流のある仲のよい5人の平均年収が、自分の年収になるという話を聞いたことがあるかもしれません。

自分のステージを上げたいと思うなら、普段、よく交流する人を変えることが効果的です。

どんな交流会に参加していますか?
どんな環境に自分の身を置いていますか?

それぞれの環境に、もちろんプラス面とマイナス面があるものです。

自分の目的から考えたときに、プラスに働くか、マイナスに働くかを基準にして、考えることが大事です。

そのとき、大事にしたいポイントは

  • 違和感を感じる環境
  • 居心地の悪い環境
  • ちょっと負荷がかかる環境

こうしたところを意識的に選ぶことです。

筋トレと同じようなもの

筋肉を鍛えるって、筋肉に一定の負荷を与えることでダメージが生じます。そのダメージを回復するように体が働くことにより、強化されていきます。

ちょっと負荷のかかる環境にいるからこそ、鍛えられていきます。

また、違和感を感じるのは当たり前なんですね。

だって「変える」「変わる」ために行動しているので、今までと違うことをしているわけです。

 

筋トレをしなければどうなるでしょうか。

だんだん、筋肉は落ちていき、贅肉へと堕落の道を転がり落ちていきます。

現状維持などといって、何もしないことは、成長の反対である、劣化の道です。

ぜひ、変わり続けていきましょう!!

 

変化を起こす環境が一番大事

情報発信の正しいやり方と考え方を学び、習慣化するために仲間と磨きあう環境づくり。

それが、「なぜコミアカデミー」です。

  • 月に2回の勉強会
  • 月に1回(2時間)の個別セッション
  • メッセージでの相談は無制限

という内容です。詳しくはこちらをチェックしてみてください♪

なぜコミアカデミー

Author Profile

コミュニティ構築のパートナー 松井 創Twitter:@sanuki8
ドリームシップ・カンパニーの松井創です女性個人事業主向けに、コミュニティ構築のパートナーとしてサポートをしています。
コミュニティを作るには、ターゲットや目標を明確にすることでファンを作り、共感を得ることが大切ですが、そのための具体的な方法を体系的に学び、実践していく「なぜコミアカデミー」を主宰しています。


あさんぽ部で話して欲しいテーマの要望
質問やご感想はこちらから

▼  ▼  ▼

 

友だち追加


 



ファン作り営業&コミュニティ構築

のヒントをお届け

なぜコミチャンネル」 

登録よろしくお願いします

   ▼  ▼  ▼

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE