スポンサードサーチ

勉強を習慣化したい

勉強したいのに習慣化できないという悩みは
ありませんか?

よくある悩みは

  • スキルアップのための勉強をしたいけれど継続できない
  • 資格試験の勉強をしたいけどやる気がでない
  • 本を読む習慣で教養を身につけたいけれど忙しくて時間がない

何度かチャレンジしてみたものの、継続できないことが続くと

 

自分はどうせ 三日坊主だから。。。

だってグズでナマケモノだから無理。。

と自己肯定感も低くなり、自信を失ってしまうことが多いようです。

 

スポンサードサーチ

継続力がないという思い込み

継続力がないというのは、実は思い込みだって知ってましたか?

グズと怠惰は 一生治らない
と言われてます

継続力は誰もがもっているものです。

 

みんな何かしら習慣というものを持っていますよね。

歯磨きや入浴、食事をすることなどもすべて 継続 してますよね。

さらに、グズや怠惰というのは、人間に備わっている
大事なフィルタリング機能なんです。

何にでも継続力を働かせていたらどうでしょうか。

一日中、継続している習慣だらけでパツパツになってしまいます。

そのフィルタリング機能を上手にパスさせることにより
勉強を習慣にする仕組みと仕掛けがあります。

その仕組みが 「3つの捨てる」なんです

一体 何を捨てるのか?
なぜ 捨てることで 勉強したくなるのか?

勉強が習慣になっちゃう「3つの捨てる」仕組み

1.モノを捨てる

勉強したくなっちゃうためには「集中力」が必要なのですが、
部屋の中に、勉強に関係ないものがいろいろあると、

気が散ってしまう

わけです。

自分が勉強に使うための部屋と机の上は、整理整頓しておきたいものです。

ちなみに 整理整頓 のホントの意味をご存知でしょうか?

整理整頓の詳細についてはこちらから読んでみてください

パラダイムを変えていくための一つの方法は
整理整頓に取り組むこと
え? 片付け?
そう思われるかもしれませんが
きちんとした理由があります
取り組むべき「7S」というものがあります

https://ameblo.jp/egaosouzou/entry-12199922463.html

整理・・・ 必要と不必要を分別して、いらないものを捨てること

整頓・・・ 必要なものを所定の場所にキレイに並べること

選ぶ基準は大切かどうかではなく

勉強する 学ぶ 環境をつくるために必要かどうか?

ときには一人合宿もお勧め

自分が専用で使える部屋とか机がない場合には、外で環境を整えるのもよいですよ。

カフェやファミレスを定期的に活用して勉強する
プチ旅にでかけて、旅館やホテルで缶詰になって勉強する

勉強のために使うものをシンプルにまとめられるようにしておけば
気軽にどこでも勉強することができますね。

 

2.日課を捨てる

なくて七癖といいますが、さらに習慣というものを誰でももっていると思います。

グズやなまけぐせ というのは この日課の優先度フィルターとして備わっている
機能であるといわれております。

脳の仕組みを考えていくと 優先度は

生命の維持に必要なもの

快感を感じるもの

と考えたときに 勉強が苦しくつまらないもの というイメージであったら
どうでしょうか

生命の維持に絶対必要ではなく、心地よく生きることととらえていないので
優先度が超低いわけです。

なので なかなか習慣化しないわけですね。

この優先度を高めていくためには、

簡単に始められるくらいに、ちょっとした行動でできること
やったときに 快感 を感じられる仕組み

が必要となるわけです。

さらには、今 習慣化している何かを 捨てなければ
新しい習慣がはいる隙間がないわけです。

あなたは 勉強の習慣をいれるために 何を捨てますか?

ここで大事なのが ダラダラしている時間を捨てます という
答えは 間違いではないが 正解でもない ということ

すでにそれが 習慣 日課 として組み入れられているのは
何かしらの 自分にとってのメリット を感じているからなんです

なぜ それが習慣になっているのか理由も検討したうえで
捨てるものを決めましょう。

一見 ムダに見えるものが 実は大事なポイントだ ということも少なからずです!

 

3.完璧を捨てる

継続 習慣化を妨げるものが 完璧主義です。

よく 三日坊主なんです。
という方がおられますが、

三日で 完全に辞めてしまうから 三日坊主 なんです。

四日目にストップしてしまっても
五日目から再開すればいいだけなんです

なのに ストップしてしまったことを理由に
完全に継続できていないから ダメ と思い込み
辞めてしまう という

これが 完璧主義のデメリットです。

そのためには、完璧な計画を立て、完璧に守ろうとすることを
捨てましょう。

まず理想的な計画を立ててみます。

目標 計画というのは

いつまでに 何を どのくらいするか

これが明確になると
毎月 何をどこまでするか
毎週 何をどこまでするか
毎日 何をどこまでするか

が組めると思います。

そして どのようにするか やり方も決まります。

理想的な計画を組んだあとに その 半分を現実的な目標として設定するようにしましょう。

計画を一度立てたら守りきらなければならないものではありません。

計画を立てるのは大事ですが、もっと大事なのは 現実とすり合わせながら
修正していくこと。

わたくしが いつも活用している ペライチ というサービスがあります。

20%の仕上がりで公開しましょう

と言っています。

完璧に仕上げてから公開しようと思っていると いつまでたってもできないし
さらにいえば 公開してから どんどん修正していくことこそが 本質なんです

計画も同じです。

こんな感じでいきたいと計画をたて 公開してから
どんどん修正して現実的なものに仕上げていくわけです。

スポンサードサーチ

まとめ

継続力がないと思っている人を含めてだれでも勉強の習慣を身に着けられるための
3つの捨てるをご紹介しました。

  1. モノを捨てる ・・環境づくり
  2. 日課を捨てる ・・優先順位
  3. 完璧を捨てる ・・行動力アップ

ということなんです。

 

 

Author Profile

コミュニティ構築のパートナー 松井 創Twitter:@sanuki8
ドリームシップ・カンパニーの松井創です女性個人事業主向けに、コミュニティ構築のパートナーとしてサポートをしています。
コミュニティを作るには、ターゲットや目標を明確にすることでファンを作り、共感を得ることが大切ですが、そのための具体的な方法を体系的に学び、実践していく「なぜコミアカデミー」を主宰しています。


あさんぽ部で話して欲しいテーマの要望
質問やご感想はこちらから

▼  ▼  ▼

 

友だち追加


 



ファン作り営業&コミュニティ構築

のヒントをお届け

なぜコミチャンネル」 

登録よろしくお願いします

   ▼  ▼  ▼

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE