コメント力

スポンサードサーチ

コメント力 高めてますか?

社会人にとっての必須スキルの一つに

コメント力

があると思います。

ひと言 ふた言 で
自分の感じたことや考えたことを
端的に表現することが求められる

しかも そこで気の利いたことが言えないと

能力が低いやつだ とか
何もわかってない みたいな
ラベルを貼られてしまうわけです

 

怖いですね~

コメント力欠如で起きるリスク

あいつ気の利いたこといえないやつレッテルを
貼られると どんな支障がでてくるでしょうか

チャンスのきっかけとなる大事なミーティングに
次から呼んでもらえなかったり

それが原因となって
仕事が減ってしまったり・・

会社に勤めている社会人はもとより
個人事業主になると まさに

死活問題!!!

 

スポンサードサーチ

意外と軽視されるコメント力トレーニング

こんなに大事なのに
コメント力を鍛えるために何かしているかといえば
やってきてない人がほとんどです

その理由は大きく3つあると思いますが

  1. 主張より謙虚を美徳とする日本文化
  2. 才能やセンスの問題だと思い込んでいる
  3. 失敗したくないという消極性

変なことを言っちゃうと嫌だから
極力コメントしないようにしている

なんて人もいたりする

日本人は欧米に比べて
自分の意見や考えを伝えるのが
下手だと言われてしまうのは

こんなところにあるのではと
個人的には感じます

自分のコメントの質を高めるために
何が必要なのか?

どうすれば身につくのか?

そのために今日からできることとは?

ぜひこちらをごらんください!

コメント力のために必要な3つの要素

1.覚悟

自分の意見を外に出すということには、責任と覚悟がいるものです。

こんなことを言ったら、どう思われるだろうか?
そんな不安を感じるのは、誰しも経験することかもしれません。

また、自分の考えがなかなかまとまらないので、発信できない
という人もいるかもしれません。

最初は勇気が必要かもしれませんが、毎日、意志氣しながら
実践することで身に着けていくことができるスキルです。

 

2.教養

映画のセリフや本の有名な一文などの知識を持っていることは、勇気と自信につながります。

教養を身につけるには、読書と経験です。

読書の習慣を持っておられるでしょうか?

 

最近、自分が毎日実践して、効果を体感しているので、
ビリオネアの読書術 というやり方推しなのですが、
ぜひやってみていただきたいと思います。

1冊の本から、1つのアクションを導きだす、
いわば「本」をフックにした セルフコーチング
だと 個人的には感じています。

興味のある方はこちらチェックしてみてください。
↓ ↓ ↓
https://smart.reservestock.jp/reserve_form/24665

 

3.違いを受け入れ尊重する

自分がどう思われるかが気になってコメントを躊躇してしまう。
周りから浮いてしまったりするのではないか不安に思う。

という場合、自分の心の中にあるものが鏡のように反映されていることが多いものです。

自分の中に不必要な線引きをするところがないか、自分と対話する機会をもつのは、いいことかもしれません。

 

不要な線引きや自分との対話について考えてみたいときに、お勧めしたいのが

映画「未来シャッター」の上映会に参加することです。

3年9ヶ月という映画史上でも記録に残るロングラン上映となり、「対話型映画」と呼ばれているものです。

 

ストーリー自体はシンプルなものです。
社会の中で“生きづらさ”を感じている若者たちが、どのように社会との関わり方を模索し、奮闘するかというものです。
映画の中で登場する“フューチャーセッション”を 上映後に実際に開催して、映画の感想についてお互いにシェアしたり、自分の未来を自分の手でつくっていくために何をするかというアウトプットをすることで、対話の場を作ります。

今、全国上映会プロジェクトが進んでいるので、ぜひチェックしてみてください。

おうえんカフェ同盟 「未来シャッター」全国上映会プロジェクト
🔻 🔻 🔻
https://peraichi.com/landing_pages/view/ouencafedoumei

未来シャッタープロジェクト

スポンサードサーチ

コメント力を磨くために今日からできること

具体的に何を毎日すれば、スキルアップできるのでしょうか。

3つの方法をご紹介したいと思います。

1.マンガのセリフから心に響くものを選ぶ

マンガやアニメの登場人物が語るセリフって、良いものがたくさんありますよね。

そうした言葉に触れる機会を積極的につくり、引用して使っていくことをお勧めします。

ご自分の好きなものからピックアップしていただければいいのですが、個人的にお勧めしたい3冊はこちらです。

スラムダンク

エースをねらえ

スヌーピー

 

2.「良かった」「おいしい」「普通」を使わず表現する

コメントを求められたときに、ついつい口からでるのが

「いいんじゃないでしょうか」
「美味しいですね」
「普通ですね」

こうした表現で済ませてしまってませんか?

美味しいものを 「おいしい」 を使わず表現するとしたら、どんな言葉を使うのか?
こうした訓練をすることで、自分の言葉の選び方が磨かれていきます。

自分らしい表現て、どんな言葉の組み合わせだろうかと常に考えるクセをつけてみてください。

 

3.決めぜりふを使う

アニメやマンガのキャラクター、映画の登場人物でインパクトのあるキャラは、必ずといっていいほど
決めぜりふ をもっています。

あなたの決めぜりふは何ですか?

 

決めぜりふをつくるために

 

面白いと思った表現や、気が利いてる言葉に対するアンテナの感度を高めるために、目に留まったもので心に響いたものをメモするクセをつけてください。

見る⇒響く⇒書く⇒使ってみる

この繰り返しで、言葉のアンテナ感度は高まって生きます

これは自分の言葉だ!と勘違いしてしまうほど、毎日のように使ってみてください!

人は、言葉によって作られています。

決めぜりふの参考にするキャラクターの選び方

  1. どんな自分でありたいか? を明確にする
  2. 理想のあり方を体言しているキャラクターを見つける
  3. そのキャラクターのセリフで心に響いたものを使ってみる

まとめ

コメントには、今のあなたの内面がにじみ出てきます。

知性が光るコメントをする力は、仕事の成果に必ず影響を与えるものになります。
磨いていくために、次の3つをぜひ実践してみてください。

  1. マンガ、アニメ、映画にでてくる心に響く言葉をチェック
  2. 「普通」「おいしい」「良い」を使わず表現してみる
  3. 自分の決めぜりふを毎日使う

 

ちなみに わたくしの決めぜりふは

映画「未来シャッター」で響いた

心解き放て!

です

 

**********
あさんぽ部で

こんなテーマを
取り上げてほしい

実はこんなことで困ってます
こんなことがありました
ということがあれば

公式LINE@から
ぜひメッセージをくださいね
🔻 🔻 🔻
http://nav.cx/2j9VgmA

情報発信を無理なく習慣化するための
正しいやり方×考え方×環境づくりを実践
「なぜコミアカデミー」メンバー募集
🔻🔻🔻
https://peraichi.com/landing_pages/view/3tfee

Author Profile

コミュニティ構築のパートナー 松井 創Twitter:@sanuki8
ドリームシップ・カンパニーの松井創です女性個人事業主向けに、コミュニティ構築のパートナーとしてサポートをしています。
コミュニティを作るには、ターゲットや目標を明確にすることでファンを作り、共感を得ることが大切ですが、そのための具体的な方法を体系的に学び、実践していく「なぜコミアカデミー」を主宰しています。


あさんぽ部で話して欲しいテーマの要望
質問やご感想はこちらから

▼  ▼  ▼

 

友だち追加


 



ファン作り営業&コミュニティ構築

のヒントをお届け

なぜコミチャンネル」 

登録よろしくお願いします

   ▼  ▼  ▼

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE