スポンサードサーチ

インプットとアウトプットは1セット

一生懸命学んでいるのに
成果が出ない という場合

インプットに偏りすぎて
アウトプットをしていないことが
多いものです

ポイントは
インプットしたら その場ですぐ
アウトプットする を繰り返す

サーキット勉強法 というやり方が
あります

基本的には資格試験の合格を
目指す超効率的な学び方ですが

大人の勉強法としての応用ができるよう
本質の3ポイントについて
お伝えしていきます

こちらの動画をぜひチェックしてみてください。

なぜアウトプットが大切なのか

世の中には原理原則があり、出したら入ってくる
というのもその一つです。

呼吸 → 吐いてから 吸う

電車 → 降りてから 乗る

何かを外に出すから 新しいものが入る余裕ができる。

 

学びに関しても同じです。

学んだことをどんどん 外へアウトプットするので
次の新しいことを学ぶ スペースができます。

また、アウトプットすることは 復習 と同じなので
非常に効率のよい学び方となります。

スポンサードサーチ

効率の良いアウトプット3つのコツ

1.分けるための問いかけ

分けるというのは わかる の語源だといわれいます。
情報も整理整頓することが基本ということです。

そのためには、問いかけが非常に大切です。

必要か 不必要か
重要か 重要でないか
やるか やらないのか

こうした 自分の基準でインプットしたものを仕分け
したうえで、必要 重要 やる ときめたことを
アウトプットしてみてください。

2.すぐにアウトプットする仕組みづくり

どのような形でアウトプットするかを明確にしているでしょうか。

アウトプットの方法としては次のようなものがあります。

  • 人に話してシェアする
  • SNS(FacebookやTwitter)に投稿する
  • ブログに書く
  • ライブ配信する
  • 動画を配信する
  • 音声配信する

どれでも自分がやりやすいと思うものから、まずはやってみる
ことをしてみてください。

お勧めしたい超効率アウトプットは

  1. Facebookでライブ配信(人に話すと同じこと)
  2. ライブ配信を編集してYoutubeにアップ
  3. ライブ配信から音声配信
  4. ライブ配信した内容をブログに書きおこす
  5. すべての投稿を時間差で SNSに投稿

1つのライブ配信というアウトプットから 芋づる式に
すべてのアウトプット方法へと結びつけることができます。

やり方については、なぜコミアカデミーで詳しくお伝えしています。

メンバー募集中!!
▼ ▼ ▼
なぜコミアカデミー

3.毎日継続できる方法を続ける

行動するたびに苦痛を感じることを継続することは
できないというのが人間という生き物です。

毎日、無理なく継続できることを設定して、
日課として続けることです。

最初はちょっとめんどくさく感じるかもしれません。

でも、歯磨き、お風呂に入ること、食事をとることなど
そのための時間をきちんととっています。

もし、それらの日課が不定期で固まっていないなら、
生活習慣を整えることとセットにして、アウトプットも
日課に組み込むようにしてみてください。

その際には 習慣化の仕組みづくりである。

  1. ついでにできること
  2. 人を巻き込むこと
  3. 第三者への見える化

をつかってみてください。

Author Profile

コミュニティ構築のパートナー 松井 創Twitter:@sanuki8
ドリームシップ・カンパニーの松井創です女性個人事業主向けに、コミュニティ構築のパートナーとしてサポートをしています。
コミュニティを作るには、ターゲットや目標を明確にすることでファンを作り、共感を得ることが大切ですが、そのための具体的な方法を体系的に学び、実践していく「なぜコミアカデミー」を主宰しています。


あさんぽ部で話して欲しいテーマの要望
質問やご感想はこちらから

▼  ▼  ▼

 

友だち追加


 



ファン作り営業&コミュニティ構築

のヒントをお届け

なぜコミチャンネル」 

登録よろしくお願いします

   ▼  ▼  ▼

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE