優柔不断マン
優柔不断マン
そろそろ忘年会のシーズンだなぁ
みんなが満足するお店選びが
けっこう大変・・
決断マン
決断マン
さくっとみんなに意見を聞いて
一番多い意見で決めちゃえば
問題ないっしょ!!
優柔不断マン
優柔不断マン
でも その店は嫌だっていう人が
いるということは 我慢する人が
でるということだから

それは避けたいし。。

決断マン
決断マン
んなこと言ってるから
決めれないんだよ!

はっちー
はっちー
みんなが納得して満足する
を目指して決めるのが難しい
と感じることは確かにあります

でも、短時間かつ満足度が高く
なる決め方がきちんとあります

それがファシリックスなんです

スポンサードサーチ

全員満足するように決めるのは可能なのか?

何か役割や仕事の割り振りをするとき
みんなで旅行しようと行き先を決めるとき
などに どんな方法で決めているでしょうか

多数決で決める というのが
民主的で公平な方法だ と一般的には
思われているかもしれません

が 実は 声の大きい方が勝ち
不満足を我慢する人がでてしまうもの

もっと全体満足をめざせる決め方が
あるのを知ってますか?

それが ファシリックス

極和ファシリテーション という
考え方に基づいた 決め方の技法
があるんです

なぜコミチャンネルをチェック

 

 

極和ファシリテーションとは何?

ファシリテーション、ファシリテーターという言葉を
よく聞くようになりましたが、きちんとどういう意味
なのか説明できるでしょうか。

会議の進行役であったり、ワークショップの講師を
指すと思われがちですが、あくまで、それは
ファシリテーションの1つの面に過ぎません。

本来の意味は、「引き出す」や「促す」ということ
を重視したコミュニケーションスキルのことです。

極和ファシリテーション

「極和ファシリテーション」の本質は、「一人ひとり全員の満足」と「組織全体の成果」の両方を重要視するところにあります。考え方やコミュニケーションスキルを実践的なトレーニングで磨くことにより、自分だけや相手だけが得をするのではなく、自分も相手もそして組織全体も満足する答えを引き出すことが出来るようになります。

お互いの成長・向上に繋がる人間関係を築き上げることも出来るので、「人間力」を高めることにもなります。

(参照:極和ファシリテーション

 

スポンサードサーチ

3つのキーセンテンス

極和ファシリテーションにおいて大事な要素が100ほどの
キーセンテンスとしてあげられているのですが、その中で
3つをご紹介します。

1.全体思考

みんながよくなるためにはどうすればいいだろうか、と
考える思考です。

2.ポジション思考

自分はどのような役割をすることによって、全体が
円滑に回るだろうかと考えることができる思考です。

3.少数意見を切り捨てない

多数決では、声の大きい人に流され、少数派は我慢
を強いられることが多くなってしまいます。

100%満足より、満足度の低いところをなくしていく
満足度の底上げをすることで全体の満足度を高めるのが
極和ファシリテーションです。

 

ファシリックスとは

大前提

このやり方をすればいい、というだけのものではなく、
できるだけみんなの満足度の高い結果を引き出そうという
空気がその組織、チームにあることが大前提となります。

どうしても自分のわがままを通したいという人が譲らないと
このファシリックスが上手に機能しない場合もあります。

スポンサードサーチ

ファシリックスの使い方

ここでご紹介するのは、あくまで事例とやり方です。

ファシリックスを有効に使うには、極和ファシリテーション入門編
を学ぶことをお勧めします。

得点のつけ方

  • いきたい!やりたい!というもの 100点
  • 絶対ではないかな 90点
  • 別にこれでもいいかな 70点~80点
  • どちらかといえばいや 60点
  • 絶対嫌だ       50点

※必ず100点を一つは入れる、かつ何個いれてもOK

事例1 忘年会に行く会場を決める

  1. 候補のお店をリストの横に並べる
  2. 参加者に無記名で各お店の行きたい度を投票してもらう
  3. 表に全員の投票した点数を公開する
  4. それぞれのお店の合計点を出してみる
  5. 合計点の高いほうから満足度バランスの検証
  6. もっとも合計点が高く最低点の少ないものに決める

ポイント

  • 和食と中華が同点1位なので どちらかになる
  • 和食はCさんが60点をつけている
  • 中華は全員70点以上

ということで、この場合は中華を選べば全員満足の結果となります。

 

事例2 役割分担を決める

では、忘年会の幹事メンバー内でどの役割分担するのかを考えてみましょう。

必要な役割にはこのようなものがありますね

  • 会場設営
  • 受付
  • 挨拶
  • 接客
  • 余興

手順は先ほどとだいたい同じです

  1. 役割をリストの横に並べる
  2. 幹事メンバーに各役割のやりたい度を投票してもらう
  3. 表に全員の投票した点数を公開する
  4. 100点が一人しかいなければその人に仮決定
  5. 同点で並んでいる場合は他の役割のやりたい度を検証
  6. それぞれの役割で最低点がないように調整する

ポイント

  • 余興はDさんのみ100点なのでほぼ決定
  • 挨拶は人気 A,C,D,Eさんがやりたいので後から調整
  • 会場設営はAさん、Bさんどちらかと考えると、受付より設営したい人 Aさん
  • 受付はBさん、Eさんどちらかと考えると、挨拶より受付したい人 Bさん
  • Eさんは挨拶と受付以外の満足度低いので、挨拶担当に
  • Cさんは満足度100ではないけれど、90点なのでほぼ満足

いかがでしょうか。全員がほぼ満足できる役割分担となっているといえるでしょう。

ここで大事なのは、みんなが貢献しようという気持ちを持っていることです。
貢献度は、100点や90点をいくつつけるかということで見えてきます。

ファシリックスまとめ

一人ひとりの満足度を高めて、できるだけ高い成果をみんなで出すことを
目指す、極和ファシリテーションと応用であるファシリックスについて、
解説しました。

ファシリテーションは、奥が深いものなので、これはほんの一例に過ぎない
といえますが、活用していくと、職場、家庭、社会が円滑円満に回るという
イメージができるのではないでしょうか。

極和ファシリテーションの入門編に興味のある方は、ぜひ、開発者の
大塚先生から学ぶことをお勧めいたします。

極和ファシリテーション入門講座

極和ファシリテーション入門編

 

 

Author Profile

コミュニティ構築のパートナー 松井 創Twitter:@sanuki8
ドリームシップ・カンパニーの松井創です女性個人事業主向けに、コミュニティ構築のパートナーとしてサポートをしています。
コミュニティを作るには、ターゲットや目標を明確にすることでファンを作り、共感を得ることが大切ですが、そのための具体的な方法を体系的に学び、実践していく「なぜコミアカデミー」を主宰しています。


あさんぽ部で話して欲しいテーマの要望
質問やご感想はこちらから

▼  ▼  ▼

 

友だち追加


 



ファン作り営業&コミュニティ構築

のヒントをお届け

なぜコミチャンネル」 

登録よろしくお願いします

   ▼  ▼  ▼

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE