自分の未来を創る

やりたいことがみつからない
未来が思い描けない

そうした悩みをもっている若い人が増えているようです。

優柔不断マン
優柔不断マン
来年のことを考える時期だなぁ
といっても

いやー なんも思い浮かばね。。

いつもと同じように仕事して
いつもと同じように呑んで
いつもと同じように1年が。。

決断マン
決断マン
ビジョンとか目標とかあるだろ!

こうしたいとかないのか?

その思い描いた未来に向かって
逆算していくもんだろ

はっちー
はっちー
未来を思い描けないという人は
増えているようですね

その背景と、自分の未来を描き
行動していくために必要なこと
についてお伝えします

 

 

スポンサードサーチ

自分の未来を創るとはどういうこと?

未来はどうやって創られているのでしょうか?

それは行動によってです。

 

まずは、こうしたい、ああしたい、こうなればいいなという希望から
始まるかもしれません。

では、考えているだけで実現するでしょうか?

そんなことはないはずです。実現に向けた何かしらの行動をとったときに
モノゴトが動いていくのです。

未来を思い描けないときにはどうする?

生まれ育った環境であったり、これまでに経験したことから積極的に未来を
思い描くことをあきらめてしまったという人もいます。

また、これまでそんなことを考えたことなかった。なんとなくで生きてきて
今まできました。という人もいるでしょう。

人は、体験したことや、見聞きしたことでなければイメージできないものです。

では、自分が体験したことがないものでも、夢として思い描けるのはなぜでしょう。

読書や対話によって、他の人の体験したことを疑似体験しているからなのです。

他の人の体験をインストールしよう

対話の場

自分の夢が、今はなくても、夢をもって活動している人の話を聞くことで、ピンときた
という体験がある人は少なくありません。

ちょっとこんなことに興味があると話したことがきっかけで、夢を描き、現実のものに
なったという人もいます。

読書

他の人の体験をインストールするのに、一番手軽で早いのが読書です。

本の中には、その人の体験や思考が詰め込まれています。良質な本を読むことは、著者と
対話しているようなものです。

あなたは年間にどのくらい本を読みますか?

 

スポンサードサーチ

ツールを使ってみましょう

未来を思い描くためのいくつかの方法があります。

1.映画「未来シャッター」

対話型映画と呼ばれるもので、3年9ヶ月という日本映画史に残るロングラン上映記録をもっています。

観ているうちに、自分との対話が生まれること、上映会後に対話の場が設けられ、感想をシェアしたり
自分が未来を作るためにどんな行動をするかシェアする場があるのが特徴です。

未来シャッター全国上映会プロジェクト

2.ビリオネアの読書術実践会

本を読んで、感想や気づきをシェアする読書会のニーズはますます高まっているといえます。

個人的にお勧めしているのは、「ビリオネアの読書術」という読書法です。

速読ではなく、10分で1冊の本にたいして、問いかけ、問いにたいする答えを拾い、アクションに
落とし込むところまでできる読書法で、現役ビリオネアの方がずっと実践してきた方法を、体系化
したものです。

詳しくはこちらをご覧ください。
ビリオネアの読書術

3.子供の未来サミット

子どもに良質な教育を届けようという SDG’s17の課題の4つめにも入っているものに取り組みたい
ということで立ち上がっている活動です。

まずはプロジェクト第1弾として、2月15日 潮留ビジネスフォーラムでイベントを開催する予定です。

そのためのクラウドファンディングも今立ち上がっています

プロジェクトの詳細をみる
子供の未来サミット

Author Profile

コミュニティ構築のパートナー 松井 創Twitter:@sanuki8
ドリームシップ・カンパニーの松井創です女性個人事業主向けに、コミュニティ構築のパートナーとしてサポートをしています。
コミュニティを作るには、ターゲットや目標を明確にすることでファンを作り、共感を得ることが大切ですが、そのための具体的な方法を体系的に学び、実践していく「なぜコミアカデミー」を主宰しています。


あさんぽ部で話して欲しいテーマの要望
質問やご感想はこちらから

▼  ▼  ▼

 

友だち追加


 



ファン作り営業&コミュニティ構築

のヒントをお届け

なぜコミチャンネル」 

登録よろしくお願いします

   ▼  ▼  ▼

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE