シンデレラ といえば 日本でも有名なおとぎ話ですね
ほとんど知らない人はいない というくらいではないでしょうか

しかし

実はシンデレラのお話には 営業に役立つヒントが隠されている
ということは あまり知られていない事実です

 

シンデレラの概要

いじわるな継母と義理の姉たちに虐げられていたシンデレラは
心の美しい、優しい娘。ボロボロの服を着ながら、毎日、命じ
られた仕事を決してさぼることなくこなしていました。

そんなある日、シンデレラに転機が訪れます。

なんと、魔法使いに選ばれた彼女は、魔法によって素敵なドレス
とカボチャの馬車を用意してもらい、お城で開かれている舞踏会
に参加できることになったのです。

舞踏会では世界中から集まったきれいどころが美しさを競い合って
いますが、その中で王子さまが選んだのはシンデレラでした。

本物を見極める目を持っていた王子さまは、惨めな環境の中でも
コツコツと努力してきた彼女の人間的な魅力に気づいていたのです。

シンデレラは、王子さまと楽しい夢のようなひと時を過ごしますが、
魔法の解ける時間、12時前にお城を去ってしまいます。

シンデレラを忘れられない王子さまは、階段に落としていった
「ガラスの靴」を手掛かりに、家来に命じて世界中を探します。

そして、シンデレラと王子さまは再会し、結婚して2人は幸せに
暮らしましたとさ

 

営業における シンデレラ理論

「ストック営業塾」ではセールスステップの中でも
会社案内・自己紹介の部分で シンデレラ理論 を
学びます

ポイントがいくつかあったことに気づかれたでしょうか

  • コツコツ真面目に正しい努力で人間性を高めること

シンデレラのように苦しい環境、恵まれない環境だとしても
コツコツ真面目に人間性を高める努力を続けていると、思い
がけないときに、自分を引き上げてくれる人と出会うことが
あるのです

  • 営業には正しい身づくろいやコミュニケーションが必要であること

人間性を高めていたとしても、ボロボロの服を着たままでは
たぶんお城に入れてもらうことは難しかったのではないでしょうか。

身だしなみや言葉遣いで、人に不快感を与えない状態でなければ
心を開いて話を聞いてもらうことは難しくなりますね。

コミュニケーション力の大切さです。

  • ホンモノであればいいお客さまは気づいてくれる

シンデレラが本当の意味での人間性を磨いていたからこそ
ホンモノを見極めることができた王子さまは彼女を選び
ました。

あなたがホンモノでさえあれば、いいお客さまは必ず気づいて
くれます。

うまくいかない時も、正しい努力さえ続けていれば、必ず
いいお客さまに巡り逢えます。

お客さまに選ばれなくてもいいのです。そのお客さまは、
あなたにとっていいお客さまではなかったのです。しかし、
だからといって、あきらめて努力をやめてしまえば、チャンス
は巡ってきません。

  • お客さまがあなたを探し出せる「ツール」が必要であること

シンデレラが落としていった「ガラスの靴」を手掛かりに
王子さまは世界中を探して、再開することができました。

この「ガラスの靴」こそが、お客さまがあなたのもとにたどり
着くためのツールです。

会社案内・チラシ・名刺などは、その時にパッと選んでもらう
ためのものでもありますが、後から、「そういえば、あの時の
あれなんだっけ」とサービスや商品、そして、自分を思いだし
てもらうためのものでもあるのです。

お客さまに見つけだしてもらいやすいツールを常に準備して
ツール力を高めておくのも非常に大切です。

 

 

Author Profile

絞り込みの専門家 松井 創Twitter:@sanuki8
潜在意識を活用して、本当に自分が望むものは何かを
明確にする“絞り込みメソッド”によって

あなたの本当のたった1人のお客様
あなたが理想とする人生のパートナー
あなたが本当にやりたい仕事

といったものに巡り逢うことができます。

あなたが本当に生きたい人生を歩むための
“絞り込み”をお手伝いします!